新じゃんぼの全貌が見えてきた

じゃんぼ富田林

2020年10月22日オープン予定(大阪府届出)の新じゃんぼが姿を現しました。

じゃんぼ富田林

先週までは、塀で見えませんでしたが取り外されました。

じゃんぼ富田林
じゃんぼ富田林

新じゃんぼのお向かいは、児童館と分譲マンション風外観の市営住宅です。将来児童館の建替えも検討されているようです。この空き地に葛城温泉と児童館が出来れば人の流れが変わります。スーパー併設の医療モールもでき、近隣には「サンプラ」「業務スーパー」もあり、富田林で住みたい街No1です。富田林では、買い手が付かずに廃家 になっている家も多いのですがこの地区は土地、家屋の売買が今後活発になりそうです。

じゃんぼ富田林

じゃんぼ富田林

医療機関の指定を受けた場合は、月1近畿厚生局「保険医療機関・保険薬局の新規指定一覧」に掲載されますので要チェックです。

じゃんぼ富田林

新規開業の場合は開業数ヶ月前に富田林医師会長へのご挨拶が必須です。

医師会の入会金は大きい額なので、強制では無いようですが富田林市のような地方都市では市の健診事業や予防接種事業を委託しているので指定対象外になります。

学校検診や当番制で富田林市の休日診療所のアルバイトにも行けます。

クリニックが不正請求を疑われ「個別指導(新規指定、既指定医以外)」の対象となり、厚生局の技官が個別指導を中断し、「監査」に移行した時には医師側として医師会会長が立ち会って味方になってくれます。

悪質な場合は、個別指導を中止し、監査に移行、審議会を経て保険医療機関の指定取消と保険医の登録が取消されます。

匿名の者から近畿厚生局指導監査課に対し、付増請求、振替請求及び二重請求を行っているとの情報提供があり、個別指導を実施したところ、歯科技工指示書及び納品書にブリッジを製作したと記載されているにもかかわらず、レジン前装金属冠(単冠)で請求されている事例が認められ、また、有床義歯を装着している部位に、CAD/CAM冠を装着したとして診療報酬が請求されている事例等が認められたため、野田歯科医師にその理由を確認したところ、明確な回答がなかったことから、個別指導を中断した。

個別指導を再開し、これらの生じた疑義について野田歯科医師に確認したところ、診療の実態と異なる内容を診療録に記載し診療報酬を請求していたことを認めたことから、個別指導を中止し、平成30年5月から令和元年12月まで計23回の監査を実施した。

 


大阪市北区医師会の場合は、北区医師会に入会すると同時に「日本医師会」「大阪府医師会」も入会します。介護関係では「介護保険の認定審査」

開業先の近隣に同じ標榜科目の診療所が現存する場合は理事会で反対される場合もあるようです。若松地区は新堂診療所もあり、過密状態ですがじゃんぼの施工に地元建設会社も参加しているので「ジバン(地盤)、カンバン(看板)、カバン(鞄)」で通常通り入会できるはずです。

新規開業をしようとする医師が、医師会に入会を希望している場合に、医師会が、これを拒否して新規開業を不当に制限したり、会員の分院の設置、増床等についてこれを不当に制限することは、原則として違反となる。

大林組などの大手ゼネコンは、入居するテナントを補償する条件で民間テナントビルの工事を受注します。

 


じゃんぼ富田林

1976年開業の「ダイエー富田林店」が出来るまで、1972年開業の「ジャンボスクエア富田林・西友富田林店」は富田林で一番高い建物でした。

「北もんや」と「新じゃんぼ」

じゃんぼ富田林