楠公通 ~ 寺内町(Deep)

重要伝統的建造物群保存地区

昭和の時代には、本町通商店街もこの楠公通商店街もたいへん賑わっていました。

重要伝統的建造物群保存地区

赴任先から富田林に戻ってきたのですが、すっかり寂れてる。



富田林駅を中心に駅前通り裏側は既に廃墟状態。

駅前の楠公通商店街裏、元大和百貨店通り。

歩いていると駅前の寂れ具合もいい感じに見えてきます



老朽危険空家の除却補助制度(富田林市平成29年8月~)



既に閉院した診療所の看板も保存されています。

「オーリンクリニック富田林」が閉院した後、居抜きで入居したようです。



施設整備補助金の不正受給「詐欺、補助金適正化法違反」有罪

約15年前、富田林市の社会福祉法人の理事長(医師)が特養の建設費を水増し、大阪府からの補助金約1億5500万円詐取した事件がありました。

厚生労働省は27日、刑事事件で有罪が確定するなどした医師と歯科医師計77人に対する行政処分を決めた。免許取り消しは6人、3年-1カ月の医業停止は61人、今回から行政処分に加えられた戒告は10人。1度の処分者数としては過去最多。同日、医道審議会医道分科会に諮問、答申を受けた。処分は10月15日に発効する。このほか罪が軽微な11人は行政処分に当たらない厳重注意となった。免許を取り消されたのは、国と大阪府から老人福祉施設に対する補助金をだまし取ったとして詐欺などで有罪が確定した大阪府堺市の開業医ら、医師5人と歯科医師1人。1997年に横浜市立大病院で患者を取り違えて手術を実施したとして、業務上過失傷害罪で罰金刑が確定した医師4人は医業停止3カ月となった。

大阪府後期高齢者医療広域連合






現在建物は取り壊されています



重要伝統的建造物群保存地区

空気が変わります。

「富田林寺内町」重要伝統的建造物群保存地区


富田林 重要伝統的建造物群保存地区

重要伝統的建造物群保存地区
重要伝統的建造物群保存地区


杉田家住宅(登録有形文化財)1929(昭和4年)本町


葛原家住宅(登録有形文化財)1924(大正13年)常盤町


  1. 伝統的建造物に指定された建築物の建物部分については、固定資産税が免除
  2. 新築の物件などでも、修景基準に適合して建てられた建築物は、建物部分について、固定資産税が3割免除
  3. 修景基準に適合するものについては、建築物だけでなく、塀や柵などの補修についても、補助金支給の対象となる
  4. 新築される場合でも道路から見える部分の工事費の7割、限度額500万円が補助金対象