昭和散歩

西板持には24Hスーパー「トライアル」が開業し、「じゃんぼ」は、医療モールに建替えられようとしています。富田林の景色が毎年変わっていきますが富田林は、まだまだ昭和の懐かしい香が漂っています。


改装中の二味、あの頃は、ほんまにうまかった。カナヤも休業中です。北浜に勤めている時富田林の味を求めてお昼休み天満橋のOMMビルの二味さんにもよく行きました。


新じゃんぼと遠くに見えるのが駐車場

5年前との比較。「不二家」の看板が見えます

奥は屋根付き駐車場


ママさんもお元気そうでした。

富田林セントラル横「フランス」

プラモデルの殿堂「バンビ」昭和44年開業

富田林町

「セブンスター」220円、1986(昭和61年)の1年間。1987(昭和62年)230円


西岡潔市長。あの頃、2階の友人宅に毎日遊びに行きました。昭和45年には金剛団地賃貸住宅の入居が始まっています。当時の市営住宅の施工は、中筋建設・安田建設、後に川谷建設、その後、美馬建設が受注しています。1975(昭和50年)「富田林市民会館(レインボーホール)」施工は、海原建設(羽曳野市)・大末建設JV。


昭和34年開業の富田林中央市場


富田林で一番大きな映画館(500席)40年前「富田林映画劇場」跡地に建ったマンション。映画館の隣には看板絵師のお宅もあったようです。常磐町


市長:内田次郎後援会(谷川町)

NHKテレビジョン1953年(昭和28)放送開始(喜志桜井)

楠町


東板持


旧汐ノ宮温泉内の個人宅ですが現在は「汐由温泉研修センター」が管理しています。

喜志「駅前住宅」